COLUMNS吸湿剤ミニ講座

海外の化学法規制② 欧州REACH


第二弾は欧州REACHです。


欧州REACHとは、2007年6月1日に発効された
人々の健康や環境保護、欧州の科学産業競争力の維持向上を目的とする
EU内における化学物質の総合的な登録、評価、認可、制限に関するEU法です。

なお「REACH」は以下の単語の頭文字からつけられた語句であり
(Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals)
それぞれの単語についての説明は下記の通りです。



Registration 登録
  • 新規、既存化学物質に関わらず
    年間の製造輸入量が1トンを超えている化学物質が対象。
  • 製造、輸入事業者は、登録のため欧州物質化学庁にその化学物質を提出。
  • 既存化学物質の登録は、事業者当たりの製造・輸入量に応じて登録期限を設定。
Evaluation 評価
  • 事業者が提出した化学物質安全性報告書の内容を行政庁が評価し必要に応じ、追加試験の実施又は追加情報を事業者に要求。
  • 行政庁は、人の健康や環境に深刻な影響がありそうな高懸念物質(SVHC)で、暴露があり事業者当たり年間100トンを超える量が使用される物質から優先的に評価を実施。
Authorisation 認可
  • 高懸念物質(SVHC)を使用するには、行政庁に申請して認可を得る必要がある。
  • 認可を有する事業者等は、上市前にラベル上に認可番号を記載する必要がある。
Restriction 制限
  • 行政庁が実施したリスク評価の結果、軽減措置が必要な場合には、製造、上市、使用が制限される。

上記内容をまとめますと
「EUへ輸出する化学物質は欧州REACHの登録・評価が必要」ということです。


EX-DRYに使用している原料はREACH登録済みであり
製品表面には認可番号の記載をしておりますので
欧州でも安心してご利用頂けるものと考えております。


欧州REACHについて更にご興味ある方は、下記のサイトをご参考ください。
参考サイト:SustainableJapan外務省